Pejaまで電車で行ってみる。

 

コソボPejaと言えば、ビール!

誰もが飲んでいる地元名産のビールです。

 

なぜPejaでビールが作られているのか?

単純に水がキレイだからという理由です。

 

 

水がキレイ=山間部にあるという事は、

容易に想像がつくと思います。

 

今日から数日間、旅行記が続きますので、

皆さんも、お楽しみください。

 

プリシュティナからPejaに行く方法は、

電車、バス、タクシーの3つの方法があります。

 

今回は、せっかくなので電車で行く事に。

全ての交通機関はチェックしたいですよね。

 

 

プリシュティナ発、Peja行きの電車は、

7時50分発のみ。そうそれに乗り遅れたら、

もう行く事が出来ません。

 

その際には、バスが出ていますので、

バスターミナルの方へ行きましょう。

 

実は、バスの方が安くて、時間が短いんです。

電車はバスよりも、景色が良いという評判なので、

楽しみです。

 

プリシュティナ駅は、首都の駅の割には、

非常に小さくて、ホーム?と呼べるものは

ありません。

 

真ん中に小さなスペースがあるのみです。

だからどこからでも、出入り自由。

 

乗客も、線路の上を歩いて電車に乗ってきます。

この緩さが、コソボという感じですよね(笑)

 

運賃は、乗車前に駅員さんにお支払いします。

私の場合、7時10分に着いてしまったので、

マケドニア行きの電車を見送って、隣のレストランで、

朝からエスプレッソを味わう事に。

 

 

朝はその2本しかないので、

とりあえず、駅に来てしまったという感じです。

 

早朝なので、お客さんは私一人、

おじいちゃんが一生懸命お掃除しています。

 

やはりコソボの人はキレイ好きが多いですね。

先ほどの電車は、1両ですがPeja行きは3両です。

 

まさに日本の田舎的な印象です。

この旅も凄く楽しくなりそうな予感。



コメント

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ