Pejaへの電車旅行記⑥

 

 

行きは電車できたので、帰りはバスにしました。

プリシュティナ行きのバスは、30分毎に出ているので、

時間もあまり気にせず、乗る事が出来ます。

 

確か電車だと、夕方に1本あっただけだと思うので、

それを乗り過ごしたら、大変な事になります・・・。

 

バスターミナルは、駅の手前にあります。

Pejaの警察署の前の交差点を、ビルクリントン通りではなく、

反対方向に進んで行くと、右手に見えます。

 

 

大きなバスターミナルです。10路線位は乗り入れています。

その中から、プリシュティナ行きを探すと、1番乗り場に。

なんと良い場所にあるのでしょうか(笑)

 

一応、奥まで見てきましたが、どこ行きかも読めません。

ということで、ご自身で調べてみてください…。

 

確かプリズレン行きのバスは出ています。

他に、MitrovicaとGjakova行きのバスも出ているようです。

 

バスの運賃は、5ユーロで1時間半。

あれ?電車の方が安い。どうやら、嘘の情報だったようです。

30分しか変わらないので、電車の旅も良いかもしれません。

 

バスに乗る時には、支払いはしません。

社内で、車掌さん?が回収に回ります。ところがこの車掌さん

一通り回り終わると、私の前の席で寝だしました。

 

 

さすが、ヨーロッパです(笑)

停留所で停まって、人が乗って来ても知らんぷり。

ある程度人数がたまったら、集金に回ります。

 

ある意味、非常に合理的な車掌業務です。

特にドライバーも他の乗客も全く気にしない様なので、

普段から、こんな感じなのかもしれません。

 

そして、バスではMTVの様な映像と音楽が流れています。

これってきっとドライバーさんの趣味の様な・・・。

そんな緩い時間が、流れて行きます。

 

見える景色も、やはり富良野のような印象ですね。

なだらかな丘陵地帯が、遠くまで続きます。

 

あっという間の1時間半、ほぼ定刻通りにプリシュティナに

到着です。

 

 

プリシュティナのバスターミナルも比較的大きいです。

しかも、マンションから徒歩10分くらいの立地の良さ。

 

バスの旅でも、全く不安を感じませんでした。

それどころか、景色が変わる度にシャッターチャンスの方に

席を移動するおかしな日本人でした。

 

コソボからは、飛行機で一気に海外に行くのも良いですが、

バスの旅もなかなか楽しいですよ。



コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ