11月28日を迎えるにあたって・・・。

 

コソボ政府も、粋な計らいをします。

アルバニア100周年の記念日に間に合う様に、

11月27日に、高速道路を開通させました。

 

これで、欧州基準の高速道路がプリシュティナまで

繋がりました。

 

今までは、一般道を経由しなければアルバニアや、

欧州各国に行く事ができませんでした。

 

 

11月27日に開通した事で、28日の100周年記念日を

ティラナで祝いたい人の移動時間を削減できますし、

一般道の交通渋滞を回避する事もできます。

 

この開通により、最短2時間程でティラナまで行く事が

できる様になるそうです。

 

ティラナから先にも高速道路が繋がっていますので、

物流にも多くの良い影響を与えそうです。

 

今回開通した部分は、全体のまだ一部分です。

 

 

高速道路自体は、プリシュティナからセルビアに伸びて

行く予定になっていますし、スコピエにも繋がるラインも

予定されています。

 

2013年にスコピエ、2014年にセルビアに繋がることで、

バルカンのハブになります。

 

そこまでは時間がかかりますが、記念日に併せた第一歩、

本当に嬉しいですね。

 

それとプリシュティナ市が後押ししていたホコ天の工事。

昨日ステージを作成した側は、良い感じに仕上がりました。

 

 

ステージでは、地元の子供達が何チームにも分かれて、

踊りや歌を披露し、多くの人がそれを見に来ていました。

 

ホコ天も人が溢れ、身動きが取り難い場所もありましたが、

ステージ前はホント人、人、人・・・こんなにいるの??

というくらいの人だかりができていました。

 

それと、もう一つの嬉しいニュース。

セントクリストファーネイビスがコソボを国家承認しました。

 

しかも、11月28日にそれを発表するという粋な計らい。

コソボにとっても、良い一日になった様です。



コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ