若者に対する意識調査の結果…その②

 

地域の安全性については、アルバニア人は9割が安全だと考え、

セルビア人は6割しか安全ではないと考えています。

 

安全だと考えているアルバニア人も含め、若い世代の3分の1が

コソボの他の場所に移動したいと考え、10代では約55%の人が、

海外に移住したいと考えています。

 

「生活水準を向上したい」・「より質の高い教育を受けたい」・

「雇用機会を求めて」…という事がその背景にあるようです。

 

もし移住ができないとしても、彼らは、自分たちの将来について

今後10年間で改善されるだろという非常に楽観的な考えのもとに

いるようです。

 

9割以上の人が、インターネットに接続できる環境下におり、

一日平均3.5時間もSNS等でインターネットに接続しています。

 

遊んでばかりいるかと思えば、約66%が学校(高校もしくは大学等)

に出席し、教育を受けることで成長を目指しますが、満足度は低く、

約24%の人しか、現在の教育に対する満足感を感じていません。

 

しかし高度な教育を受けても、就職率は低く、32%ほどの人しか、

勤務できない状況です。*パートタイム含む。

 

最も有効な就職先は行政機関ですが、そこで働くことで国を変えると

いう感覚ではなく、投票することでガバナンスに影響を与えることが

できると考えています。

 

関心事としては、65%の人が『汚染』を気にしています。

意外なことに、70%の人が『コソボの領土の分割』の可能性に懸念を

抱いているようです。

 

皆さんも気になるEUへの加盟については、88%の若者が統合される

べきであると考えています。

 

またその内の約5割の人が5年以内にEUに加盟するのではないかと

非常に楽観的な考えを持っているようです。

 

こうやって調査結果を見ていると、色々考えさせられます。

多少の努力はするものの、少し楽観的な側面が強いように感じます。

 

ユーロ危機がどうなるのかによっても、コソボへの影響は変わりますし、

セルビアとの関係も影響してきます。

 

EU以外に助けを求めるならば、トルコの資金をどう呼び込むのか?

という部分が関わってきます。

 

これからのコソボを担う世代ですので、もっと広い視野と多くの情報を

踏まえた判断ができるようになれば良いのですが…。



コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ