花屋さんに行ってみると・・・。

 

 

プリシュティナにも数件、お花屋さんはあります。

Albi Moleにも入っているので、行ってきました。

 

入り口にあったのは、木の皮とお花で作ったドレス。

雰囲気があって、素敵な感じですよね。

 

 

店内には、生花や鉢植えなど結構な品揃えです。

色とりどりの花を見ていると、普段の生活に花が

無かった事に気付きました(笑)

 

一輪の花を置いておくだけで、印象がぐっと変わります。

コソボの冬は寒く、雪が降るらしいので生活に彩りを与える

為にも、今のうちに準備をしておくべきですね。

 

生花以外にも、色とりどりの花瓶に飾り木などが店内にあり、

非常に良い感じです。

 

サボテンもあれば、観葉植物の代名詞のガジュマルもあります。

シクラメンも既に店内には並んでいますね。

 

 

そんな花屋さんを見ていたら、KFORの屈強な男性が4人、

しかもモロッコのアーミー服を着ています。

 

そのうちの一人が、花の種を買って帰っていきました。

コソボでは、各国の軍隊がKFORの一員として治安維持の名目で

滞在していますので、たまに街中でもすれ違います。

 

見た目は強そうですが、非常に優しい感じで挨拶をしてきます。

言葉を変えると、緊張感を持たなくとも治安維持業務にあたる事が

できるということだと思います。

 

お花屋さんで面白いものを見つけました。

その名も『盆栽』Bonsaiですよ。

 

ちゃんとコケの様なものも生えていますし、石も置いてあります。

まさに『和』の心満載という感じ(笑)

 

 

海外での盆栽ブームが、コソボまで来ているとは…という感じです。

他にも数種類ありましたが、価格は15ユーロ程度です。

 

Albi Moleはちょっと高いお店が並んでいるので、市内で買ったら、

もっと安いお店もあると思います。

 

コソボで盆栽・・ちょっと面白いテイストですよね。

落ち着いたら、買ってみようかと思いまが、自分で作った方が、

安いかな(笑) 



コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ