外国人投資家保護法の成立。

 

ご存知のようにコソボは、国家レベルでも外国からの

直接投資を推奨しています。

 

より安心して、コソボへの投資を行なってもらう為に、

外国人投資家保護法を新たに成立させました。

 

これにより、外国人投資家の保護、促進、激励を行い、

基本的な権利を保証します。

 

万が一の際にも、当局がその権利を保証しているため、

違反や過失などにより損失が出た場合には、その費用の

保証なども法案には盛り込まれています。

 

今まで以上に安心して投資できる環境が整いましたね。

 

先日の外国人投資家倶楽部の発足といい、国家として

外国からの投資に期待する部分が、非常に大きいことが

わかるかと思います。

 

コソボとしては、世界銀行の事業を行う場所としての

国家ランキングを上げることを目的にしています。

さすが、そういう部分は抜かりがありませんね(笑)

 

同時に建築製品の使用に関して、技術的な要件を確認し、

より質の高い物件の建設を目指します。

 

デベロッパーとしては、建築コストに影響が出ますが、

住民としては、より良い物件に住むための第一歩という

ことになります。

 

このことが何を示しているのかと言うと、単に建物を

建てる時期は終わり、質を求め始めたということです。

復興から成長へのシフトの一環と考えられます。

 

国家としての成長が、そういう部分からも垣間見れ、

これからの成長が更に楽しみになります。

 

もう一つ嬉しいニュースとしては、ドミニカ共和国が、

先日コソボを国家承認しました。

*97カ国から、国家として認められたことになります。

 

コソボを国家承認する国が少しずつ増えていることや、

こういった法案の成立が、国家が機能していることを

示していると思います。



コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ