プリシュティナで日本人に偶然会う。

 

 

昨日、プリシュティナを散歩していると、町外れで

日本人らしき2人組がモニュメントを見ていました。

 

一人は初老の男性、もう一人は20歳くらいの若者。

どんな関係かな?と気になりながらも、その脇を

通過しようとした時に、声をかけられました。

 

 

しかも英語ですか?

私はどう見ても、日本人。相手もほぼ日本人。

思わず私から、日本人の方なのかを確認しました。

 

話を聞くと、お二人は全く関係がないとのこと。

たまたまアルバニアで一緒になり、コソボでも同じ宿。

そんな偶然ってあるのですね。

 

それで、街を散策していた様なのですが、どこを歩けば

良いのかが分からない。 見る場所もないのでは?

そう思ってどうしようか、途方に暮れていたようです。

 

うぅ〜ん、そんなに情報少ないのか?

それとも調べ方の問題なのか・・・という事で少しの間、

観光案内をする事にしました。

 

 

さすがに3人もアジア人が歩いていると、現地の人は

不思議がってみてきます。

 

ナショナルシアターに歩行者天国、政府系の建物に、

コンベンションセンター、大学に図書館、幾つかの教会、

そしてクリントンさんの銅像。

 

中心部の歩いていけるところを案内する事に・・・。

最後に近所のカフェでビールをごちそうになって約2時間。

それなりに満足してもらえたようです。

 

確かに、地球の歩き方にコソボのページはありません。

ちゃんと検索してくれれば、このブログにたどり着けるのに。

まだまだアピールが足りませんね。

 

 

さすがに2時間も散歩したので、お二人ともそれなりに

満足して頂けたようです。

 

コソボの印象が変わったとの事、やはり来てみて分かる事、

歩いて分かる事が多く、英語がここまで通じると思わなかったし、

ここまで人が明るい(悲壮感がない)とも思わなかった。

 

ホント良いところだし、リタイアメント先にも考えられるかも

なんて言葉も出るくらいでした。

 

私は、コソボの良さは分かっているのそれが当然でしたが、

彼らにすれば驚きだったみたいです。

 

まだまだ情報発信が不足していますね。

ここ最近、立て続けに日本人に会っている気がします。

コソボに来る方がもう少し増えると良いのですが・・・(笑)



コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ