コソボ?それともアルバニア??

11月28日は、 アルバニア建国100周年です。

アルバニアと言えば、コソボの隣国であり、

コソボ在住の9割以上が、アルバニア人です。

 

ということで、関係も非常に深いんです。

そのアルバニアの建国100周年を記念して、

プリシュティナ市内にアルバニア国旗が、

沢山飾られ始めました。

 

 

コソボの国旗を下げてまで行っています。

この勢いは凄いなぁ〜と思っていたら、

11月21日に、急遽28日が祝日に決まりました。

 

議会で閣議決定し、即日施行というスピード感、

日本政府では考えられない感じですし、1週間後が

急に祝日になるという考えられない状況です。

 

ところが、コソボの人は概ね前向きに捉えて

居ると思います。

 

なぜか?

それはここ1週間で見たアルバニア国旗が、

本当に多いからです。

 

 

お店にあったり、個人宅のベランダにあったり、

車のボンネットにもアルバニア国旗があります。

 

何か凄い郷土愛ではないですけど、愛されているのが、

よくわかります。

 

これって、昔の日本みたいですよね。

祝日に日本国旗を出している家が多かったことと

似ている様な気がします。

 

アルバニアの国旗が愛されている理由があります。

国旗自体が、アルバニア民族の旗だったからなんです。

今でも、準国旗扱いを受けています。

 

 

今更、コソボとアルバニアが合併する様なこととは、

ありませんが、民族としての繋がりもそうですし、

経済的な繋がりも、どんどん深まっています。

 

ちなみにコソボで使えるインターネット回線は、

9割以上が、アルバニアのものなんです。

 

11月28日がどんな一日になるのか?少し楽しみです。

個人で盛り上がるのか?それとも街頭に繰り出すのか?

確認して、皆さんにもお知らせしますね。



コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ