コソボフィルハーモニーの柳澤さん

 

1月27日は、ジュゼッペ·ヴェルディの生誕200年です。

そんな日を記念して、コソボフィルハーモニーの特別講演。

 

多くの方に音楽に馴染んでもらおうということで、

コンサートは、市内のホールで無料で行われます。

 

*ジュゼッペ·ヴェルディとはイタリアの有名な作曲家です。

 興味が有る方は、少し調べてみて下さい。

 

今回の指揮者は、コソボでも有名な日本人の柳澤さんです。

コソボやセルビア、日本でオーケストラを指揮しています。

 

0127

 

前回、教会でコソボフィルの演奏を聞いた時には

いらっしゃいませんでしたが、今回は指揮されるようです。

どんな演奏になるか楽しみです。

 

そんな当日に、柳澤さんと二人でランチに行きました。

いろいろ考えられていますし、お話するだけでも勉強になります。

 

そんな柳澤さんが、今どんなことに取り組まれているのか?

コソボ紛争をきっかけとし、コソボとセルビアの間の文化交流が

止まっています。

 

その為、今年5月にコソボ人とセルビア人が協力して演奏する機会を

開こうと、模索されています。

 

そのコンサートをするのに、約170万円位かかるということ。

20名ほどの演奏者の出演料も含んでそのくらいで収まるようです。

 

音楽や文化に対して、まだ十分なお金を捻出できない国なので、

運営資金なども、ご自身でも集められているのだとか…。

本当に頭が下がります。

 

しかも今回は、コソボとセルビアの融合を狙っていますので、

両政府ともにコストの捻出が難しく、UNや日本企業など、コソボに

多少なりとも縁がある方に、依頼をしているようです。

 

柳澤さんと言えば、2006年からコソボも拠点の一つにして、

コソボフィルハーモニーの指揮者をされています。

 

そういう方がいらっしゃるから、我々もコソボの地で、

すんなり受け入れてもらうことができるのだと思います。

 

本当に感謝しなければなりませんし、何か協力できることがあれば、

どんどん協力していきたいと思います。



コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ