コソボにも輸血の為の新しい施設が出来ました。

コソボのUCCの小児科クリニックの近くに、

保険省が50万ユーロを投資した輸血のための

新しいナショナルセンターを作りました。

 

このセンターができることで、

コソボにおける輸血医学と一般的な健康のサービスの

強化を目指しています。

 

 

従来は、この分野の医療設備が十分ではなく、

コソボにおける輸血医学の発展が妨げられていました。

 

新しいセンターができることで、

輸血医学の現代のパラメータとしても十分なスペースを実現し、

 

この分野での国の保健サービスの質を高めるためにも

非常に良い条件を持つことになります。

 

コソボ献血者センター

 

この新しい輸血センターでは、ボランティアによる

輸血者をサポートすることで、献血者の拡大を目指し、

輸血を通して国民の健康支援を行なっていく模様です。

 

 

折しも2月17日はコソボ独立6周年の記念日です。

それに先駆け、コソボ国内のインフラ整備が進んでいき、

 

コソボ国民にとっても従来までの医療の質が改善されることで、

これまで不安であった医療水準の改善が進むことが予想されます。



コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ