コソボにおける銀行の利益成長が凄い!

 

 

最近の12年のおけるコソボにある銀行の利益総額は、

2億5000万ユーロという非常に多くの利益を残す結果と

なっています。

 

その主な要因は、平均15%もある銀行からの貸付金利です。

これは以前より問題視されていますが、改善されていません。

 

コソボには多くの銀行が進出しているにも関わらず、

貸付金利における競争はあまり起きておらず、高い金利が

普通となっています。

 

2001年に270万ユーロしかなかった利益は、

2002年に670万ユーロ、2003年に680万ユーロ、

2004年に1290万ユーロ、2005年に1350万ユーロ、

2006年に1930万ユーロ、2007年に3350万ユーロ、

2008年に3640万ユーロ、2009年に2530万ユーロ、

2010年に3280万ユーロ、2011年に3700万ユーロ、

 

本当に順調に伸びてきています。

 

この利益の裏側には、高い貸付金利があると言いましたが、

アルバニアの平均金利が7.5%だった時にコソボの平均金利は、

なんと14.3%。

 

ほぼ倍も違う結果になっています。

 

同時期のマケドニアは、6.36%。クロアチアは、6.9%。

セルビアは、7.87%。モンテネグロでも、9.7%とコソボの

貸付金利がどこまで高いのかがわかります。

 

結果、近隣諸国では不良債権率が最も低い国となりました。

コソボは、6.5%未満ですが、アルバニアは、18%、

マケドニアは、19%となり、ほぼ3分の1に抑えられています。

 

貸出金利がここまで高いと、預金金利が高いのでは?

と思う方もいらっしゃるかと思います。

 

2009年の段階で、4.3%と日本に比べれば高い値になりますが、

そのバランスはあまり良くない結果となっています。

 

民間にお金を戻す取組みを、国家として行なっていかなければ、

なかなか解決されない根の深い問題のように思います。



コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ