コソボとセルビアの関係…。

 

 

コソボとセルビアの関係がどうなっていくのか?

非常に気になりますよね。

 

最近の大きな話題は、リエゾンオフィスの設置です。

 

リエゾンオフィスとは、大使館ではないけれども、

政府の仕事を代行する事務所のことです。

 

 

国によって違うと思いますが、コソボの日本連絡所は、

民間人に委託する形で、現地に住む我々のサポートを

行なっています。

 

日本連絡所の方には、非常にお世話になっていますので、

少し馴染み深い場所です。

 

コソボの場合は、ウィーンの大使館の指示のもとに、

日々の活動を行なっています。

 

身分的には民間人、仕事内容は政府関係になりますので、

半官半民という立場です。

 

プリシュティナ(コソボ)とベオグラード(セルビア)に、

お互いにリエゾンオフィスを設置することで同意しています。

 

しっかりと実行されるのかが、今後の課題になりますが、

両国の関係が、少しずつ改善し始めている傾向が伺えます。

 

また設置された後にどんな活動をするのかも非常に大切です。

現地人の感情を考えると、お互いに良くないと思いますので、

その活動に制限が出ることも考えられます。

 

ここはお互いに理解をしなければならない部分ではあります。

最近の動きや、人々の感情を見ているとセルビア側の反応の方が、

大きくなると感じています。

 

同時に国境の線引での協議も続いていますが、セルビア側では、

それに対するデモや抗議活動が起こっているようです。

*コソボにおける北部セルビア人居住地域での話です。

 

国家の協調も必要ですが、コソボ紛争以来続いている市民の

感情をしっかりコントロールすることも大切ですね。

 

両国の連携が強化され、人の往来にも制限がなくなると

良いのですが。。。

 

そうすれば、経済的な繋がりも強化され、お互いの価値を

認め合う事もできるような気がします。



コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ