コソボとセルビアの対話が遂に合意しました。

 

少し前から日本でも報道されていましたが、

コソボとセルビア政府の対話がようやく合意に達しました。

 

 

合意=解決ではありませんが、これで少し問題が前に進みます。

実際にどの程度まで実施されるのかが、今後の課題です。 

 

合意の為のラウンドも、10回を重ね、それでも4時間以上の時間を

対話に費やすなど、交渉が非常に複雑であったことを物語っています。 

 

 

和解のためには、15のポイントが課題になっていましたが、

それもほぼお互いに歩み寄る形となりました。

 

スクリーンショット 2013-04-21 15.48.48

 

以下、翻訳ツールを使用していますので、参考程度にお考え下さい。

 

1、 "コミュニティ/協会"コソボにおけるセルビア人の過半数の自治体、他の自治体へのオープン、メンバーが同意する場合。

 

2、 "コミュニティ/協会の"法律によって確立されます。

 

3、構造体はコソボの既存の領域と同じ基準で形成される。

 

4、地方自治とコソボの法律の下での欧州憲章の下に電力を供給します。

 

5、それは中央の権限を与えるように "協会/協会"追加の権限を行使します。

 

6、 "コミュニティ/協会"中央機関に代表を持つことになりますし、コミュニティの諮問委員会に席を持つことになります。

 

7、コソボでは、 "コソボ警察"と呼ばれる唯一の警察力があるでしょう。

 

8、"北部コソボの全体の警察がコソボ警察のフレームワークに統合される"と説明していると警察の給与だけコソボ警察からなること。他の構造セルビアセキュリティのメンバーは、コソボの構造に関連した位置に提供されます。

 

9、これまでほとんど違いがありました。そこに北のセルビア – 過半数の自治体の地域司令官のポストになり、彼は4市長を表すリストからインテリアのコソボ省セルビアコソボに選出されることを明らかにし、この時点でテーブル上の提案によると、 "ユニオン/協会"の名の下に、北のコソボ警察の組成は、民族の構造を反映します。

 

10、提案された "司法当局の下でコソボの法的システムの中で統合して動作しますプリシュティナの控訴裁判所は、セルビアの過半数を持つすべての自治体に対処するコソボセルビア人への裁判官のパネルを確立する裁判所の単位。上訴はMitrovicaの北部に本社をされます。

 

11、2013年の地方選挙は、OSCEの容易さ及びコソボの法律に基づき開発されます。

 

12、この点は4月26日に策定されるであろう時間の正確な用語が含まれています実施計画、の開発に話す。この協定の実施に資金の透明性には注意でしょう。

 

13、ポイントによると、13政党が同年六月中旬前にエネルギーや電気通信に関する合意に達する必要があります。

 

14、これは、セルビアが国際機関への加盟のために語っています最新の提案を、拒絶しているため、この瞬間の中で最も議論のポイントです。この時点の現在の文言の下で当事者がいずれの当事者が他方をブロックする、または別の国際機関やフォーラムのメンバーシップの要件をブロックするように奨励することを同意することを意味します。

 

外交筋は、試してみて、この点を再定式化と欧州統合の過程で当事者mosbllokiminに話すというプレッシャーがあるだろうと言う。

 

15、ドラフト契約の最後のポイントは、それが欧州連合(EU)の救済との両側から実装委員会を設立する予定だという。



コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ