コソボとセルビアの国境問題。

 

 

コソボとセルビアの国境…今でも明確な線引ができていません。

北部ミトロヴィツァは、コソボ内でありながらもセルビア人が多く住み、

実質セルビア側の管理下にあるような状態です。

 

ここがコソボとセルビアの大きな課題の一つになります。

12月10日にIBMの実装が始まりました。

 

IBMとは、コソボとセルビアとの間の統合国境管理協定の事です。

今までそれぞれが行なっていた国境管理の形が変わります。

 

 

目指すは、年内までに30箇所程度の国境を統合させることです。

今回はその第一弾として、4箇所の国境管理の形が変わりました。

 

これにより、両国間の物流の手間やコストが大きく減り、EUの考える、

正常な国交に一歩近づくことになります。

 

このIBM実施については、やはりセルビア側の反対が激しかったのです。

例えば、セルビア正教会からは、国家の自殺行為に値するとまで言われ、

猛烈な批判を受けています。

 

セルビア正教会の修道院(教会)は、コソボ内にも幾つかあるので、

実際には今の国境線でも満足していないのだと思います。

 

他の政党からの批判や、民間人による?デモ行為(道路封鎖など)も

行われました。

 

デモは、最終的に12月8日前後に解除されましたが、こういった部分が、

現在のコソボとセルビアの関係の一部です

 

IBMの第一弾が無事に実行されたことが、両国にとって非常に前向きな

状況であり、年内に残りの場所にもIBMが実行されることが、セルビアの

EU加盟にとっても、非常に大切な状況になります。

 

セルビア政府としても、様々な反対を受けながらも前に進んでいます。

その為には、両国の領土問題において、不可逆的な決定が必要であると

EUからも強く指示されています。

 

今回のIBM実装には、本当に多くの方の尽力が必要だったと思います。

それをどう維持管理していくのか?また長い戦いの始まりでもあります。

 

私としたら、これ以上こじれることなく、お互いに前に向いて進んで

行ってもらいたいのですね。



コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ