コソボとアメリカと大アルバニア計画の関係

 

 

何度か目にしていると思いますが、2035年大アルバニア計画。

今回は、クロアチアのメディアからも報道されました。

 

記者によると、アルバニア独立100周年記念のイベントの裏で、

統合に対する議論がされていたとか‥。

 

そしてやはりアメリカの名前が出てきています。

しかも今回は、アメリカが支援する大アルバニアというタイトル。

非常に興味が湧いてきます。

 

map

 

やはり大アルバニアに向かう過程でどこまで影響力を残せるか?

そこにアメリカの軍事的、外交的な思惑が錯綜しています。

 

なぜコソボなのか?なぜアルバニアなのか?やはり地政学的な

部分が非常に強く、アジアとヨーロッパ、地中海と中欧地域。

まさにハブになる位置にあるのが、コソボやアルバニアです。

 

そこに強い影響力を残すこと、これがこの先の発展を吸収する

一つの方法だということです。

 

アゼルバイジャンのガスをギリシャを抜けて、アルバニアから

イタリアに繋ぐパイプラインの計画も進んでいます。

 

map2

 

そういう意味でも、このあたりの地域の重要性が増します。

アメリカが影響力を残すのか?EUなのか?それともロシアか?

最近お金を持っているトルコか?

 

様々な見方ができますが、どれだけの影響力をのこすことが

出来るのかが、本当に大切です。

 

アメリカとロシアの間で、メドヴェージェフ時代に始まった

二国間協定も終了しました。

 

ペンタゴンがコソボを支援するという約束をアメリカを訪問中の

コソボの大臣が手にしました。

 

本当に様々な思惑がまだまだバルカン半島を覆っているような

そんな印象も受けます。

 

セルビアには、ロシアが地雷撤去の名目で資金援助をしますし、

アメリカは、セルビアの弱体化のためにモンテネグロとコソボの

独立を支援したという経緯もあります。

 

この先もやはりこのバルカン地域から目を離せませんね。

 

ちなみにアルバニア人は、コソボとの統合を好意的に受け入れて

いますが、コソボ人はあまり好ましく思っていないようです。

 

同じ民族でも考え方が違うのかもしれませんが、コソボを支持する

アメリカの思惑がどこまで機能するのか? 

 

まだ時間のかかる問題ですし、静観していく必要がありますね。



コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ