コソボで出来るビジネスを考える-ノマド編-

 

 

コソボには大きな可能性が眠っています。

 

それをどのように活用するのか?

私なりに考えてみたいと思います。

 

コソボで行うビジネスとして、真っ先に思いつくのが、

ノマド系のお仕事です。

 

ノマドとは、『働く場所を自由に選択する会社員』や

『オフィスの無い会社』という意味で使われています。

 

ノートパソコンを使って、時間的にも場所的にも制限を

受けずに、仕事が出来る環境に身を置くって事ですよね。

 

ノマドワーカーの方は、環境を変えて仕事をしたい人が、

多いと思いますので、コソボのカフェについての復習です。

 

日本は、カフェでのWifi接続が十分ではありませんよね。

その点は、コソボは非常に優位に立っていると思います。

*デザリング等で上手く回避できる場合は良いと思います。

 

どのカフェに行っても、店員さんに言えば、WifiのPWを

教えてくれます。もちろん料金をとられる様な事もありません。

*コソボでは、プリシュティナ以外でもそんな感じです。

 

ちなみに、カフェでマキアートを頼むと、安くて40セント。

ホテルのレストランの場合は、1.5ユーロ程度なので、

普通のお店であれば、100円あれば1〜2杯は飲めます。

 

仕事に疲れて、そのままアフター5という人の場合には、

カフェでのビール(Peja瓶)は、1ユーロと破格なので、

1日の殆どをカフェで過ごす事も出来ると思います。

 

ネットワーク環境も、滞在できる時間も十分にあります。

仲良くなってしまえば、コンセントも貸してもらえますので、

時間は無制限ですね。

 

カフェで待ったりする習慣があるので、いつまでいても、

店員さんに嫌な顔をされる事もありません。

 

カフェには、トイレが完備されていますので、そこも安心。

日本人が安心して使用できるレベル。普通にキレイです。

 

しかも、結構オシャレなカフェが多いんです。

これには驚きました。そして、お店の数が非常に多い。

街を歩けば、カフェにあたるという状況です。

 

情報を発信するビジネス及び、メールベースで仕事が進んで

行く人には、非常に向いているのだと思います。

 

『コソボでノマド』・・・ブランディングにも使えそうな

感じですよね。 



コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ